第2期「プラチナ・ギルド アカデミー」講師プロフィール

全体のプログラムはここを参照願います。

講師プロフィール

okuyama

奥山俊一
(NPO法人「プラチナ・ギルドの会」理事長)

1943年愛知県生まれ。大阪大学卒業後、住友銀行に入行。国際金融部門一筋(ロンドン勤務三回、通算18年)、帰国後日本社会の歪み(特に企業と企業人のあり方)が気になり、プラチナ・ギルドの会を立ち上げた。欧米の成熟社会と日本では、個人が抱く、国家、企業、家族などに対する価値観の位置づけが相違し(欧米では家族、国家、企業の順番、日本では企業、家族、国家の順番)、超高齢化社会の未来を考えると市民社会(コミュニティ)の役割を強化する必要性を痛感している。

 

堀田一芙
(「オフィス・コロボックル」代表)

1969年3月、慶應義塾大学経済学部卒業。同年4月、日本IBM入社。1976年、米インディアナ大学大学院経営学部修士課程卒業。日本IBMにおいてPC販売事業部長、ソフトウエア事業部長、ゼネラルシステム事業部長など常務取締役として歴任した。2007年9月、富士ソフトに副会長(業務系事業本部統括)として入社、現在、内田洋行顧問、サイバネットシステム取締役。2011年の震災を機にオフィス・コロボックル創始者として、東京赤坂、福島県会津地方にオフィス・コロボックルを展開。2015年から「熱中小学校」プロジェクトを「用務員」として展開中

 

takahashi

高橋陽子
(公益社団法人「日本フィランソロピー協会」理事長)

1973年津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。高校教師を経て、84年上智大学カウンセリング研究所専門カウンセラー養成課程修了、専門カ ウンセラーの認定を受ける。85年~91年関東学院中学・高校心理カウンセラーとして生徒、教師、父母のカウンセリングに従事。91年より日本フィランソ ロピー協会。常務理事・事務局長を経て2001年より理事長。企業の社会貢献を核にしたCSRの推進に従事。主に、企業の社会貢献活動のコンサルテーションや企業とNPOのマッチング、従業員など個人の寄付・ボランティア推進活動などに携わり、民間の果たす公益活動の促進を目指している。また同年よりイー・ウーマン「働く人の 円卓会議」議長。著書に『フィランソロピー入門』(海南書房)、『60歳からのいきいきボランティア入門』(日本加除出版)、『社会貢献へようこそ』(求龍堂)。

 

saga

嵯峨生馬
(NPO法人「サービスグラント」代表理事)

1974年、神奈川県横浜市生まれ。98年、日本総合研究所に入社。2001年、東京・渋谷を拠点とする地域通貨「アースデイマネー」を共同で設立。02年にNPO法人化、03年から代表理事。05年、日本総研を退職。同年、NPOの情報発信・マーケティング等をプロボノにより支援する「サービスグラント」の活動を開始。09年にNPO法人化し、代表理事に就任。現在、東京および関西を拠点に約2,000人の社会人プロボノワーカーを集め、150件以上のプロボノプロジェクト運営を通じて、NPOに対しウェブサイト・事業計画立案等の成果物提供をコーディネイト。 著書に『プロボノ~新しい社会貢献 新しい働き方』(勁草書房、2011年『地域通貨』(NHK生活人新書、2004年)等。

 

deguchi

出口治明
(ライフネット生命保険会社(株) 代表取締役会長)

1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当するとともに、生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。2006年に生命保険準備会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社を開業。

主な著書:

「生命保険入門 新版」(岩波書店) 「生命保険とのつき合い方」(岩波新書) 「直球勝負の会社」(ダイヤモンド社) 「働く君に伝えたい『お金』の教養」(ポプラ社) 「『働き方』の教科書」(新潮社) 「日本の未来を考えよう」(クロスメディア・パブリッシング) 「全世界史」(新潮社)

 

徳永洋子
(NPO法人「日本ファンドレイジング協会」理事/認定講師)

東京都出身。大学卒業後、三菱商事に勤務。1998年から日本フィランソロピー協会で視覚障害者向け録音図書のネット配信事業に従事。2000年よりシーズ・市活動を支える制度をつくる会で、おもにNPOのファンドレイジング力向上事業に従事。そのプロジェクトの一環として、日本ファンドレイジング協会設立を担当。2009年2月、同協会設立と同時に同協会事務局次長となり、2012年6月より2014年末まで同協会事務局長をつとめ現職にいたる。

 

[ワークショップ担当ファシリテーター]

伊藤義博
(㈱電通 ビジネスクリエーションセンター 電通総研)

1981年電通入社。電通ダイバーシティラボ事務局長。
「ミドルのためのキャリア・フューチャー・セッション」社内講師。

 

シニアが動く。日本が変わる。見つけてください、「次の自分」を。

Top