第6回「までい再生ネットワークの会」(NPO法人「ふくしま再生の会」)に参加

第6回「までい再生ネットワークの会」(NPO法人「ふくしま再生の会」)に参加

20130721_写真01
「までい再生ネットワークの会」は午後3時からなので、午前中、福島県松川にある松川工業団地第一仮設住宅を訪問。東京からこの仮設住宅に行くには、東北新幹線の福島駅あるいは郡山駅で東北本線に乗り換え、松川駅下車。駅から15分位歩くと到着する。
震災後、飯舘村は全村避難地区となり、この仮設住宅で飯舘村民が200人(113世帯)が帰村の日をまっている。

20130721_写真02
一人暮らしで80歳にそろそろ手が届くという自治会長さん。「不自由な生活でしょう」と云うと、「テレビの料理番組を見ながら食事を作っていますし、お互い助け合っていますから」と笑い飛ばされるが、飯舘村帰還への不透明さや、諸施策には、「勇気と根性です」と厳しい口調。

20130721_写真04
仮設住宅の人々の食を支えているラーメン屋「琥珀らーめん」。800円の琥珀らーめんは、あっさりして、ボリュームもあり、年配向きの美味しさである。

自治会長さんに琥珀ラーメンをご馳走になり、お昼前に仮設住宅を出発。松川駅から福島駅に戻り阿武隈急行に乗り換えて保原駅に行く。ここからはタクシーに乗り、伊達市霊山町山戸田花水にある宿泊施設「ふるさと体験スクール」に向かう。ここで、被災者ケアの「までい再生ネットワーク」が隔月に開かれている。今回の参加者は伊達市から地域支援員2名、県外から医師2名、管理栄養士1名、臨床心理士2名、再生の会の田尾さん、宿泊所のオーナーの酒井さん、そして、鎌倉からSkypeの参加が1名あった。

20130721_写真06
会合の模様:医療チームの報告、仮設住宅の人たちの健康状態の報告、そして、9/15(日)に開催の伊達市市民ウォーキングイベントの報告、および、地域支援者からの報告。

20130721_写真07
ふるさと体験スクールの酒井徳行さん(写真左)