「きっかけ」と「思い」

前回の寄稿で「プラチナ・ギルドの会」の設立経緯やNPO化への準備、顕彰事業の取り組みなどについてお話しました。今回は私がこのような活動を始めた「きっかけ」や「思い」について触れておきたいと考えます。実は私は定年退職するまで全くの会社人間で、地域の関わりや、ボランティア等、全く経験がありませんでした。しかしながら、現役時代、海外勤務経験が長かったことから欧米では、「退職」を心待ちにしていて、退職日には“Happy retirement” のパーティーを開くしきたりがあることを知っていました。

私も退職後にしてみたいことについて現役時代から思いを巡らせ、趣味などは密かに準備を進めておりました。お蔭で退職後にはいろいろな趣味にチャレンジし、活動の場を広げることが出来ました。ところが、地域社会との関わりや社会貢献活動となるとなかなか障壁が高く、具体的にどのように行動すればよいのか悩むことが多かったのが現実です。そのような経験から、ボランティアや社会貢献活動には興味があるが、どうすればよいのか分からない人のために、先ずは勉強の場を作ることを考えてみました。

「プラチナ・ギルドの会」は既に退職している人、今後数年後に退職する人たちが、第二、第三の人生をより豊かにするためのプラットフォームにできればと考えています。退職後の人生を豊かで充実したものにするためには、単に趣味の世界に生きるだけでなく、自分を育ててくれた社会に恩返しし、次代を担う若者を支援することが出来れば、自分自身の自己実現にも通じると考えたのです。一人でも多くの人が賛同し、一緒に行動することによりこれからの日本を明るく、夢のある社会にすることが出来ると信じています。

さて、現在、活躍するシニアを顕彰し広く社会に紹介することは、当会の目的にも合致すると考え、来年三月までにモデル事業として詳細を検討中です。この事業を成功させる鍵は何と言っても選考委員の顔ぶれと実績にあります。そのような観点から、ボランティア、社会福祉等の世界で実績をお持ちのさわやか福祉財団理事長の堀田力さま、アフラックの創業者・最高顧問の大竹美喜さま、経済界からは元日本経済新聞社社長(現日経センター代表理事)杉田亮毅さま、女性起業家としてイムノエイト株式会社社長の谷口郁子さまにお声掛けいたしましたところ、全員から即決即断でお引き受けいただきました。

先ずは、選考委員の皆様から事業の妥当性と社会的意義について深いご理解をいただけたことを心から喜んでいます。また同時に、お忙しい皆様が快くお引き受けいただいたことは、選考委員の皆様が少しでも社会を良くしたいとの思いがあるからだと信じています。現在、公募の方法、資金支援、対外広報などについて細部を詰めており、11月には法人化と同時に公募概要が公表できるものと思っています。

尚、ご意見・ご提案を下記のアドレスにてお待ちしています。
okuyama@e05.itscom.net