NPO福島再生の会の第二回総会、活動報告会、懇親会の開催

10月8日、NPO福島再生の会の第二回総会、活動報告会、懇親会が、東大農学部7号館B棟231で開催されました。プラチナ・ギルドの会からも同会の会員である、中町、宮田、奥山の三名が参加しました。

活動報告としては村会議員であった菅野義人さんから私見として、除染・復興の現状と問題点について、村側でNPOを支える菅野宗男さん(農業委員会会長)から現状報告、東大農学部内に出来たボランティア・サークル「までい」世話人、斎藤富子さん(農学部職員)から活動報告、再生の会の理事、東大大学院農学生命科学研究科溝口教授から新しい農地除染の提案等が行われました。

懇親会では事務局長、田尾理事長ほか多くの関係者と懇親を深める機会となり、大変有意義な会合でした。飯館村の復興への道のりは遠く、住民の離反や、帰村の可能性がなかなか見えない中、苦悩する村の現状がよく理解できました。NPOとしては、住民と一緒になり今後とも長期にわたり再生の努力を支援する必要があります。私からは理事長あて、ふるさと納税の制度を利用して、「までい」の村、飯館を支える「ふるさと基金」を検討するよう依頼しました。

001_NPO福島再生の会懇親会

002_福島再生の会2

003_NPO福島再生の会・総会