NPO法人の設立とプラチナ・ギルドアオードについて

NPOプラチナ・ギルドの会がいよいよ法人登記を完了し、始動しました。まさに「アクティブ・シニア 動き出す。アクティティブ・シニアが面白くなってきた」です。

会員相互で議論を重ねた末、法人となったからには、永続的に事業を開発し、社会の変革を目指します。私たちの目指す法人の理念は、シニアが生き生きと活動的に社会に貢献するためのモデルを提供し、多くの同世代やそれに続く世代が、明日の日本社会を支える力となることです。

特に、社会で培った経験、スキル、人脈等をフルに活用し、シニアだから出来るプロボノ手法の社会貢献を目指します。私たちは会員夫々が個人として、またはグループで夫々の分野で社会貢献すると同時に、法人としての事業を展開してまいります。その為には、単に我々だけでなく、志を共有する団体に広く呼びかけ、共に社会変革の騎手になっていただきたいと考えています。

主たる目的は、シニア世代が中心となって現役世代と協同しつつ、市民のためのコミュニティーづくり“市民社会”を広げ、行動する人の輪を拡大することにあります。これまで、我が国の“市民社会”は欧米に比し、小さく広がりの少ないものでした。我々の子供や孫たちに素晴らしい社会を提供する責任は現在のシニア世代にあるとの認識で、明日の“市民社会”を大きく、強いものにするために、他の多くの団体と協力しながら変革に挑戦してまいります。

先ずは、「社会で貢献するシニアの顕彰事業」(プラチナ・ギルドアオードと呼ぶ)を立ち上げ、近々公募要領をホーム・ページ上で発表いたします。素晴らしい経験をお持ちの外部の選考委員に現在社会で活躍中のシニアを発掘していただき、来年三月末までに第一回目の表彰式を行います。今後とも継続的に毎年顕彰事業を行い、顕彰者には、講演会などでお話頂き、広く社会にその活動を知っていただくことにより、同世代や、次の世代の社会貢献を目指すシニアの水先案内人として活動していただきます。

会社を退職し第二、第三の人生をおくられておられる多くのシニアの方にお聞きすると、皆さん、「ボランティアや社会貢献をしてみたい」と考えておられます。しかし、これまで会社生活に全てをささげ、「仕事が人生」の生活を送ってきた多くのサラリーマンは、思いはあっても具体的にどのように行動すればよいかわからないのも事実です。

実は、経営学の生みの親である、ドラッカー博士はボランティア社会について大変見識の高い方で、NPOの第一人者です。ボランティアは「人生の仕事」を発見する最高の道で、自己実現と人生の喜びを味わえる贈り物であると言っています(NPO is a change agent)。

只、「仕事の人生」から「人生の仕事」にモード変更するには十分な時間をかけ、自分が何をしたいかを見つける必要があります。本来、50歳にもなれば、働きながらこれからの自分の人生について真剣に向き合う必要があるのです。NPOプラチナ・ギルドの会では会員を現役、リタイアー組の半々にしているのはそのような理由からです。

このような観点から、次の事業の柱として、企業と協同して企業社会のシニア人材に、多様な将来像を提供するオリエンテーション事業を検討中です。このセミナーでは自社の大切な人材が企業での仕事を終え、社会デビューするまでの間、社員に将来の人生設計を考えて頂くことにあります。

転職や起業による更なる仕事へのチャレンジ、ボランティアや各種の社会貢献の勉強、更には海外や美しい故郷での再出発などの多様な機会をお示しできればと考えています。ご興味・ご関心のある、NPO,社会人大学、人材会社の皆さん、是非共同事業にご参画ください。皆さんと一緒に、シニア世代に生き生きとした、輝かしい未来像を提供出来ればと考えていますのでご一報をお待ちしています。

1%クラブ主催プロボノ・セミナーに参加しました。

10月22日午後、経団連会館ホールに於いて1%クラブ主催プロボノ・セミナーが開催され、NPOサービスグラントの嵯峨理事長が基調講演、その後事例研究として、NEC,、パナソニック、日本マイクロソフト社の社内CRS室の取り組み事例が紹介されました。経団連としては企業のCSR活動を支援すべく、傘下企業が会員となり1%クラブを組成(会長は損保ジャパンの佐藤会長)、毎年日本企業のCSR活動状況の調査報告書を作成、また、経団連ホールでセミナーを開催しています。NPOプラチナ・ギルドの会からも3名が出席、シニアのプロボノ活動への取り組みについて報告しました。今後共、経団連及び傘下企業とは1%クラブを通じコラボする予定です。写真はセミナー後の懇親会の様子。

1%クラブ1

1%クラブ2

1%クラブ3

1%クラブ4

1%クラブ5