第二回プラチナギルドアオードについて

 

大型台風18号、19号が日本列島に連続で襲い掛かり、各地で被害をもたらしています。皆様のところでは被害が少ないことをお祈りします。自然現象とは言え、収穫の秋を目指して毎年恒例の招かざる客に悩まされるのは残念なことです。

さて、第二回プラチナギルドアオードの概要がHPで告示されました。その助成制度については、日本財団や、NPOシーズ・市民社会を守る制度をつくる会、NPOサービスグラントのHPでも徐々に広報される予定です。後援団体も昨年後援いただいた団体に加え、新しく本年から加わっていただいている団体も増加しています。顕彰候補者の募集期間は10/1-11/30です。また、第二回アオードの表彰式は来年3月17日(火)の午後13;30から、日比谷図書館のコンベンション・ホールで開催される予定です。

昨年同様、第一部では授賞式、受賞者スピーチが予定されており、今回は第二部で記念講演会、第三部ではパネル・ディスカッションと盛りだくさんの企画を検討中です。当会の目的は現役時代に培った経験やスキルを活用し、現在、社会で活躍するシニア人材を少しでも多く、社会に紹介し、認知頂くことにより、同世代や次の世代のシニアの道しるべとなっていただくことにあります。同時に、ビジネス・パーソンの各種の社会参画を阻む要因(ボトル・ネック)についても考えてみたいと思っています。

先ずは、一人でも多くの応募者に申請頂き、その活動を広く知らしめたいと考えています。第一回アオード同様、今回もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2014年10月22日(水)第29回定例会合の開催ご案内

各位:会場の都合で通常の月末の火曜日でなく、10月22日(水)に設定しております。

開催日 10月22日(水)18:00~20:00
開催場所 日本総研13F会議室
議事
18:00~19:00 米長晴信氏によるご講演
・今しかできない社会貢献
・わが国の人口問題
・村(自治体)の予算について
・自治体主導型クラウドファンディング、等
講師米長晴信氏は、1965年生、山梨県出身、現在山梨で精力的に社会貢献活動をされている。
ご 略歴: 上智大学卒業、元フジテレビ報道局長、元参議院議員、
社会起業大学ソーシャルビジネスグランプリ2014夏、
「地方自治体が民間資金を調達する新しいカタチ~自治体主導クラウドファンディング」で審査員特別賞受賞
日本将棋連盟元会長で永世棋聖の故米長邦雄氏は叔父上にあたられる
19:00~20:00
・第2回アワード+セミナー企画についての取り組み

日本財団での プロボノONE DAYワークショップ

2014年09月27日に開催されたプロボノONE DAYワークショップに参加しました

プロボノONE DAYワークショップは、サービスグラントが新しく始めた企画で、5~6名のプロボノワーカーが、公益団体の抱える様々な経営課題を検討し、問題点の整理と今後の方策について提案を行うプロジェクトです。
9月23日には、5団体からの委託をうけた5つのプロジェクトチームが、各団体代表者と直接顔を合わせて、最後の半日ワークショップを開催しました。
この5つのプロジェクトのひとつが、一般社会福祉法人ラ・バルカグループが進めている、障害を抱える人たちをショコラティエ(チョコレート菓子職人)に育成し、高級チョコレート菓子の生産から販売までを行なおう、というプロジェクトでした。このプロジェクトでは、プラチナ・ギルドの会の阿部さんがチームリーダーを務め、また、中町、延原の2名もオブザーバーとして参加しました。