2014年11月25日第30回定例会合報告

第30会定例会合

1.開催日:2014年11月25日(火) 18:00~20:00
2.開催場所:日本総研13F
3.参加者:会員19名,オブザーバーに石村英二郎氏(元NHK広報局長,報道局長,
事、現在富士ソフト監査役)
4.主な議題
勝俣副事務局長から第2回プラチナ・ギルド アワードの進捗状況の説明のあと

18:00~19:00
小山昌孝氏による「誰にでも簡単に作れるアプリ」の概要説明のあと、石川大樹氏(デジタルハリウッド株式会社、学びメディアユニット教材担当)によるアプリ「JointApps」のデモンストレーションがあった。
このアプリは「プログラムの入ったブロックをつなぐだけで、子どもから大人まで、スマートフォンアプリを手作り体験できる“フリープラットフォーム”」ということで将来シニア世代にも広げられるという。

19:00~20:00
澤宏紀氏によるご講演
「日本の医療の現状と政府の取組みー超高齢化に向かう日本の医療や予防に対する対策ー」
ご略歴
昭和44年3月 三重県立大学(現三重大学)医学部 卒業
昭和57年7月 厚生省 入省 大臣官房、保健医療局、薬務局、健康政策局等衛生行政、薬事行政、医療行政に携わる。
平成11年7月 国立健康・栄養研究所 所長
平成13年3月 厚生労働省 退官
平成13年4月 鈴鹿医療科学大学(学校法人) 学長(平成17年退職)
平成14年5月 NPO日中健康科学会 会長
平成19年9月 社会福祉法人聖テレジア会  理事長
平成24年   叙勲

講義内容
1.医療の現状
2.厚生省:国民医療総合対策本部‐中間報告 (昭和62年6月)
3.制度改革
4.医療介護総合推進法(H26.6)
5.医療提供における問題点(平成2年)
6.医療制度の課題
7.健康:運動・栄養・休養 健康是責任  健康是能力  健康是知恵
8.健康日本21 健康寿命の延伸
9.食育
10.健康長寿の処方箋

2014年12月16日(火)第31会定例会合の開催ご案内

開催日 12月16日(火)18:00~20:00

開催場所 日本総研13F会議室

18:00~18:40   宮田芳光氏による「バルト三国の独立と音楽の旅」

今年6月、ポーランドのアウシュヴィッツ、リトアニアの杉原千畝記念館、エストニアの歌の原などを巡ってこられた宮田さんに、 バルト三国における独立と音楽の持つ力についてご紹介していただきます。

18:40~20:00 懇親会(会費については後日ご連絡します)