プラチナ・ギルドの会 メルマガ第2号

特定非営利活動法人プラチナ・ギルドの会 メルマガ第二号をお送りします

私たちシニア世代ができることをメルマガで発信していきます。
https://www.youtube.com/watch?v=GUf89N7Bct4 の四コマ漫画」もご覧ください。

プラチナ・ギルドの会の活動に関心のある方は定例会にご参加ください。
(入館には事前参加登録が必要ですので (http://platina-guild.org/) からお申し出
ください)

5月の例会(5月26日に終わりました)
お二人の女性に講演をしていただきました。お一方は、近田真知子さん.
認定NPO法人地球市民ACTかながわ/TPAK代表の(今年のプラチナギルド アワード受賞者)
もう一方は、田中美和さんワーキングマザーを応援する株式会社Waris(ワリス)の代表取
締役で、昨年の日本政策投資銀行主催の女性起業家優秀賞の受賞者

お二人に共通しているところは、3人で今の仕事を始めたということ。たゆまず、勇敢に、
どんどんと人と会い、追求している目的を熱っぽく語り、相手を魅了させるパワーをもって
おられることで、成功の秘訣だと納得しました。
(過去の定例会等はHP過去の活動記録でご覧いただけます。)

6月の例会は(6月30日(火)に開催予定)です。
丹波山村スタディーツアーでお会いした酒井隆行さんがゲストスピーカー。この度村議になら
れ、村の期待を一身に受けておられます。酒井さんの〝夢”を語ってもらいます。

HPの以下の記事もご覧ください
3月17日、日比谷図書館、大コンベンション・ホールでのアワード授賞式のあとの日本総合研
究所高橋進理事長の記念講演は、“日本の未来は発想次第で開ける!”ことがよくわかります

スタディーツアー
4月3日(金)~4日(土)、関東で一番小さな村、山梨県・丹波山村(住民600名)を会員11名が訪ね、
岡部村長さん、地域おこし協力隊の皆様と交流。
5月11日、地域創生コンサルタントとして活躍中の金子会員を中心に、丹波山村に行った会員で神田に
集まり丹波山村づくり提案会議を組織。丹波山村から岡部村長も駆けつけられて、これからの活動の
スタートを切りました

5月14日(木)~15日(金)には、今年のプラチナギルド アワード受賞者の塙茂理事長(NPO法人グラ
ウンドワーク笠間)http://gw-kasama.com/ をお訪ねし、笠間市の観光資源、農業の6次化について
見学しました。

編集後記
創刊号にはお祝いやら、例会への参加希望などをいただき感謝感激です! 皆さまの温かいお言葉、ご感想
は編集に携わる者にとっては望外の喜びです。メルマガ第二号の発行にも漕ぎ着けました。もっともっと読ん
でいただける内容にしてまいります。今回も最後までお読み頂ありがとうございました。

※ご意見ご感想、および今後のメルマガの配信停止のご連絡はhttp://platina-guild.org/contact-us/から

発行元 特定非営利活動法人プラチナ・ギルドの会
住所 新宿区
メールアドレス jimukyoku@platina-guild.org
HP アドレス http://platina-guild.org/
http://www.facebook.com/PlatinumGuildGroup/

アワード受賞者グラウンドワーク笠間との交流ツアー

日中の気温が30℃という真夏日の5月14日と翌15日の二日間、当会会員11人が笠間に行ってきました。この間、グラウンドワーク笠間の塙理事長、観光協会の小沢さんに大変お世話になりました。14日のグランドパ&グランドマでの会食には山口市長、岡野市民活動課長、そして 増渕観光協会会長も駆けつけてくださり、NPO活動が市行政と密接な連携を持ちつつ、幅広い活動をしている一端を実感いたしました。

笠間滞在期間、笠間焼や、茨城県陶芸美術館、日本最古の酒蔵、笠間稲荷、そして、北大路魯山人の旧宅などをも訪ねることができたのは貴重な体験でありました。

グラウンドワーク笠間の運営するファーム視察

山口笠間市長も駆けつける
山口笠間市長も駆けつける
岡野市民活動課長さんも参加。地元食材にこだわった料理と地酒を楽しめるグランパ&グランマ
岡野市民活動課長さんも参加。地元食材にこだわった料理と地酒を楽しめるグランパ&グランマ
800年の歴史をもつ日本最古の須藤さんの酒蔵
800年の歴史をもつ日本最古の酒蔵のオーナーの須藤さんから説明を聴く
72_detail
郷の誉、霞山などなどの銘酒
魯山人の旧宅
魯山人の旧宅
レストラン・シュペールの花かご
レストラン・シュペールの花かご遊膳
レストラン・シュペールの
レストラン・シュペールのオーナーを囲んで

2015年5月26日(火) 第36回定例会合開催

場所 日本総合研究所 13F

議題

  1. 18:00~19:00

講演:認定NPO法人「地球市民ACTかながわ/TPAK」での活動の実践

講師:近田真知子 上記法人代表

地球市民ACTかながわ/TPAK は1991年に設立。アジア少数民族や貧農地域の子どもたちの教育支援、国内における年間2,000名以上のボランティアの人材育成、大学や高校における国際理解教育なども実践。アクリル毛糸でたわしやポーチを編んで途上国に届ける「あみあみクラブ」の活動は高齢者でも参加できる国際協力で、老人ホームで暮らす高齢者にも社会貢献できる喜びを提供。

略歴

学生時代にはカメラマンのアルバイト、卒業後は広告代理店勤務、さらに音楽関連会社の起業。子育てを終えた43歳の時にNPO活動を開始

2.  19:00~19:30

講演:ハイスキルマザーの力を活用したビジネスモデルについて

講師:田中美和氏 株式会社Waris 代表取締役

株式会社Warisは、夫の転勤・育児・介護などさまざまな事情により、フルタイム正社員という固定化した働き方を変えたい豊富な経験や専門性を持つハイキャリア層の女性と、優秀な外部人材を活用したい企業とを結び、女性に仕事を、企業に事業スピード向上のための迅速な人材配置の実現を目指す。

略歴

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、2001年に日経ホーム出版社(現 日経BP社)入社。働く女性向け情報誌「日経ウーマン」の企画・取材・編集・執筆。2013年株式会社Waris設立。著書は『普通の会社員がフリーランスで稼ぐ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)等。

3.19:30~20:00

その他、NPO法人「グラウンドワーク笠間」訪問報告など