年末のご挨拶

今年も残すところあとわずかとなりました。
新担当による第三回アワードの最終選考過程が順調に現在進捗中です。
また、担当者のご努力で新しい事業としてアカデミー事業の骨組みを築く年になりました。

本年度のアカデミー事業もいよいよ連続セミナーは終盤に入り、12月の例会では一部のアカデミー参加者にも例会を見学頂き、早速新規に会員登録が増加しそうな気配です。
来年2/18日に日経ホールで予定されている東京ホームタウンプロジェクトの総括イベントの詳細が同HPで告示されました。ボードマッチやアワードの表彰式まで記載されています。
東京ホームタウンプロジェクトの総括イベントの参加申し込み をしてください。当日会場でお会いできますこと楽しみにしています。

来期以降の事業としては「シニア・プロボノ」事業のビジネス・モデルを検討中です。是非皆様方の協力・支援をお願い致します。
また、個人のレベルでは皆様方のご意見を聴きながら、シニアの「ゆる起業」のあり方も検討してみたいとも思っています。

来年はプラチナ・ギルドの会のチャレンジと飛躍の時だと考えています。
暖冬の年末ではありますが、くれぐれもお体ご自愛頂き、よき新年をお迎えください。そして一月の例会で皆様にお目にかかれるのを楽しみにしています。

理事長
奥山俊一

2015年12月22日 第43回定例会合を開催しました

日時 2015年12月22日(火曜日)18:00~20:00

場所 日本総合研究所13階  出席者 32名(内会員16名)

議題

18:00~18:15 新規参加者自己紹介

今回の例会には、4名の講師のほかに、アカデミー受講者やシニアプロボノ活動に興味をもつ人たちなど12名のオブザーバーを迎えることになったために、各人の簡単な自己紹介が行われた。

18:15~19:00 「シニアの心身健康のための美容活動」の実践報告と実技

NPO法人プラチナ美容塾 伊藤文子理事長から、法人設立の経緯、プラチナ美容塾の、①「美容」を学び、プラチナ世代を笑顔にする、②「美容」を活かして、社会に役立てる、③「美容」を通じて地域社会とつながる、という美容塾の理念とミッション、さらに美容塾が現在実践している、美容講座事業、美容ボランティア育成事業、美容ボランティアの派遣事業などについての講演が行われた。
引き続き、美容塾の河西副理事長、ほか2名の理事も加わり、例会参加者全員を対象とする「ハンドケアとネイルカラー」の実技指導が、行われた。

19:00~19:20 「アカデミー事業」および「アワード事業」の報告

アカデミー事業を担当する川添氏から、研修講座や現場研修などのプログラムが順調に進んでおり、いよいよ終盤の総括研修(1月16日)向かっていること、および2月18日のボードマッチの成功に向けての準備が行われていることの報告が行われた。
続いて、アワード事業を担当する森田氏から、11月15日で締め切られたアワード応募者数は14名であったこと、このなかから書類選考により8名に対象者を絞り、事業所の訪問やインタビュー調査を実施、1月末を目途に外部選考委員を交えた5~6名の第3回アワード受賞者選考を終える予定であること、が報告された。また、2月18日のアワード受賞式の準備体制についても報告された。

19:20~20:00  忘年会
年末恒例行事となった忘年会として、オーストラリア在住の会員から送られてきたワインを楽しみながら、会員、オブザーバー、講師を交えての歓談が行われた。

201512222

201512223

201512224

201512225

201512226

201512227

 

2015年12月22日(火)第43回定例会を開催いたします

開催場所 日本総合研究所会議室(13F)
開催時間 18:00~20:00

18:00~19:00
NPO法人プラチナ美容塾 「シニアの心身健康のための美容活動」の実践報告と実技

19:00~19:20
シニア研修「プラチナ・ギルド アカデミー」実践報告
顕彰事業「プラチナ・ギルド アワード」応募者一次書類選考の報告
その他

19:20~20:00
忘年会