2016年11月29日(火)第53回定例会を開催します

開催場所:日本総研13F会議室

今回、トリプルワークを見事にこなし、かつ、世代を超えた活動に並々ならぬご関心をもっておられるアラフォーの石井貴志氏をお招きしました。講演後は石井氏を囲んだディスカッションの時間も設けました。

18:00~18:10 講演者紹介                        18:10~19:00 講演:(ディスカッションの時間をも含め)        講師:石川貴志氏                                演題:働き手の時間を社会全体(個人・企業・社会)でシェアする仕組みをつくる

<プロフィール>                                  石川さんは、住商情報システム(現SCSK),リクルートエージェント(現リクルートキャリア)の新規事業マネジャーを経て、現在大手出版流通企業で新規事業開発に携わっておられます。その傍ら、イントレプレナーコミュニティを運営するWork Design Labの代表をされ、またNPOや社会起業者に対して投資協働を行うソーシャルベンチャー・パートナーズ(SVP)東京のパートナーとしても活躍中。見事にトリプルワークをこなしておられます。

1978年生まれの38歳。3児の父親でもある石川さんは、仕事をしている自分の背中をみて育つこどもたちが、未来は可能性があふれていると確信できるような社会にしたいと活動されています。今回の講演は、意気投合できる50代、60代、70代の世代と協働したいということをお聞きし、世代の垣根を超えた意見交換をしていきたいと思っています。
%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e8%b2%b4%e5%bf%97-150x150

 

 

 

 

19:00~20:00 諸報告

1)「プラチナ・ギルド アワード」応募締切                  2)アカデミー応募の現状                            3)11月11日、18日の「プラチナ・ギルドの会ありかた検討会」の報告4)その他:会員からのお知らせなど情報交換