50才にもなればボランティアをしよう!

2018年10月12日
「50才にもなればボランティアをしよう!」 
これが私たちからの今回の提言です。

この度、ホームページの「理事長の思い」のコラムを「私たちからの提言」(アドボカシー活動)と名前を変更させていただきました。 中間支援型NPOは社会の課題を認識し、自らその課題解決のため活動すると同時に、社会的課題の重要性の認識を広めるため、社会や行政、政府などに提言・啓蒙し、より広範な課題解決のための行動が広がることを求めます。このような広報活動のことを一般的にアドボカシー活動と呼んでいます。
これまでの「理事長の思い」も私たちの活動の趣旨・目標を示したものですので、アーカイブとして引き継いで参ります。

グローバル社会の動きに沿って、2020年には中学校の学習指導要領にSDGS(国連の持続的発展目標)の考え方が取り入れられることになっています。日本の青少年の教育の柱として広く子どもたちの倫理的規範となることでしょう。既に東日本大震災や、福島原発被害の経験などを通じ、若者の意識は大きく変わりつつあり、ボランティアや「絆」についての教育的関心も高いものがあります。最近日本でも優秀な若者が自ら社会起業家を目指し、収入が低下しても社会のためになる仕事がしたいと転職する人も増えています。

一方、現在50才前後のサラリーマンの意識は、これまで終身雇用制度の中で育ち、社会とのかかわりを持たない、会社中心の生き方が一般的でした。「定年」が65才に延長され、今また70才への延長が議論される中で、定年延長と同時に、企業側では多くの一般社員に対し「役職定年」制度を導入し、給与のダウンと企業内での役割の変化を求めています。仕事一筋に働いてきた企業戦士はその現実に直面し意欲の低下を招き、一方、企業側にとっても生産性ダウンは大きな問題となっています。

「人生100年時代」を迎え、50才と言えば丁度折り返し地点でもあります。より長い人生を支えるためには資金的にもこれまで以上に収入を得ること、そしてAIやロボット等の技術革新が進展する中では、キャリア教育投資(リ・クリエーション)も必要となってきます。日本の企業内シニアは、時代の大きな変化に対応すべく、働くことの意味、長く収入を得る方策、人生の後半戦をどう迎えたいのか等、考えてみる必要があるのです。現在社会で活躍しているシニアの人たちを分析すると、有償・無償を問わず、人生の早い段階で自分のやりたいこと、やり残したことについて考えています。

そのような意味で、働きながら、ボランティアや社会貢献の経験を通じ、社会との接点を積極的に深めていくことは、これからの働き方のヒントを得られると同時に、退職後にも無理なく社会参画が出来、実りの多い、健康で充実した人生を送ることにも通じるのです。皆さんの子供さんやお孫さんの意識変革に学び、社会の変化にポジティブにに対応すべく、50才にもなれば是非ボランティアを始めてみませんか?

皆さんの中には、「ボランティア」という言葉に抵抗感があるかもしれません。ボランティアはあくまで個人の自主的な活動で、今月から年末にかけてオリ・パラ並びに再来年の世界ラグビーのボランティア募集(11万人)か始まっています。このようなボランティアはスポーツを愛する人たちがこの機会に一緒に楽しみたいというイベントでもあります。また、ボランティアという言葉が「奉仕活動」から個人のライフ・スタイルを豊かにする機会へと進化しています。即ち、ボランティアは「利他」、「学び」、「遊び」であるとともに「就労の機会」でもあるわけです。勿論、諸般の理由で、自分は行動できなくても「寄付」することも立派なボランティアなのです。