WEBメディア「きふる」でプラチナ・ギルドの会の活動が紹介されました

WEBメディア「きふる」(http://kifuru.org/) でプラチナ・ギルドの会の活動が紹介されるようになりました。、facebook, twitter でも見ることができるようになりましたので、広く拡散していただきたく思います。

 

 

 

 

 

▼きふる記事
https://kifuru.org/activist/platina-guild/

TwitterとFacebookでも投稿しております。
▼Twitter
https://twitter.com/KIFURU_Media/status/1157109738649182209

▼Facebook
https://www.facebook.com/KIFURUMedia/posts/474319496449619

第84回定例会 & “tutu夢”プロジェクトのキックオフミーティングのお知らせ

開催日時: 2019年08月27日(火)
開催場所:日本総研13F会議室

16:30~17:30  “tutu夢”プロジェクトのキックオフミーティング
“tutu夢”プロジェクトは、6,7月の定例会で、国連が掲げる17項⽬のSDGs(持続可能な開発)を学び、それを契機として生まれた今年度の新企画です。
風呂敷は包む(“tutu夢”)ものですが、祝いには赤色を、敬意を示すときは紫色、弔事にはそれにふさわしい色を使います。色ひとつとっても奥が深い。この伝統ある風呂敷を活用した “tutu夢”プロジェクトに「関心がある」、「どんなものか知りたい」「具体的に何かしてみたい」方はぜひお集まり下さい。

17:30~20:00 第84回定例会と暑気払いパーティ
プログラム
17:30~17:40
はじめて参加された方、新会員の紹介
17:40~18:30
講演:「日本国際化推進協会の活動状況および新会社Enjinについて」
講師:大村貴康様 一般社団法人日本国際化推進協会 代表理事
プロフィール:1989年、大阪府生まれ。獨協大学在学中に「世界一志友プロジェクト」を創設。第1期生として共同起業家と2人で世界27カ国52大学をめぐる。2011年に同大を卒業、株式会社ソフトバンク株式会社に入社。2年半ほど海外営業を経験した後に退社。一般社団法人日本国際化推進協会(JAPI)を設立。2016年春まで、文部科学省の官民協働海外留学支援制度「トビタテ留学!JAPAN」にも参画。JAPIの事業法人としてEnjin株式会社を2019年1月に設立。18:30~18:50
第7回プラチナ・ギルド アワードの募集のスタート
風呂敷プロジェクト“tutu夢”プロジェクトのキックオフ
その他
18:50~20:00 ミニミニコンサートと暑気払い
会員の福島さんとご友人の北憲治さんのチェロ、そして柿田さんのホルンの演奏を聴いていただきつつ、軽食と飲み物とで暑意見交換や交流をお楽しみください。

なお、軽食代として当日1700円頂きたくよろしくお願いいたします。(お釣りが必要ないようにご用意くださると助かります)
当会会員以外の方の定例会のご参加、大歓迎です。HP http://platina-guild.org/上の「定例会参加申込」から7月25日(木)までにお申し込みください。

会場:日本総研 東京本社〒141-0022
東京都品川区東五反田2丁目18番1号
大崎フォレストビルディング

2019年度新規事業「“tutu夢”プロジェクト」が8月キックオフ

“tutuプロジェクトは、6,7月の定例会で、国連が掲げる17項⽬のSDGs(持続可能な開発)を学び、それを契機として生まれた今年度の新企画です。

風呂敷は包む(“tutu)ものですが、祝いには赤色を、敬意を示すときは紫色、弔事にはそれにふさわしい色を使います。色ひとつとっても奥が深い。この伝統ある風呂敷を活用した “tutu夢”プロジェクトには大学生も関わってくれました。

気候変動・温暖化、洪⽔地域があるかと思えば、⼲ばつで飢えに苦しんでいる地域があります。貧困がある⼀⽅で、⾷品ロスがあります。無神経に棄てられたプラスティックが海を汚しています。
貧困・不平等・ジェンダー不平等問題解決が遅々として進まないのも知っています。
わたしたちは、国連のSDGs(持続可能な開発)、「誰ひとり取り残さない」ため、国や企業だけにまかすのではなく、ひとり⼀⼈が解決に向けて⾏動することが求められています。。
この「⾵呂敷プロジェクト」は「⾃分事として SDGを考える」⼀歩にしました。
その名も『”tutu夢”プロジェクト』
これが完成させて、レジ袋撲滅、エコ・ライフの普及、そして何よりも⾵呂敷という⽇本古来の⽂化の継承につなげ、マインドフルな⽣活を⽣み出したいと思っています。