第86回定例会を開催いたします

開催日時: 2019年10月29日(火)17:30~20:00
開催場所:日本総研13F会議室

プログラム
17:30~17:40
はじめて参加された方・新会員の紹介

17:40~18:10 第7回「新フォーカス・オン ピープル」コーナー
登壇者 高橋正憲様
テーマ:「SDGsプロジェクトを軌道に乗せるために」
概要:SDGsが目指す社会課題の解決は、誰のために、何を提供すればよいか、初めから決めてかかることが難しいために、通常の事業計画が必ずしも成功しません。そこで、社会起業家が行う「スタートアップの手法」を用いて段階的に計画を練り上げていく方法を紹介します。
これは、内閣府が推進している「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」という活動の一環です。
プロフィール:
・慶應義塾大学工学部卒、東京大学大学院応用物理学科修士課程修了
・中堅電機製造業にて15年、技術部長、工場長、常務取締役。
・日本IBMにて20年、コンサルタント、プロジェクト・マネジャー
・PMI日本支部理事10年、顧問2年(現職)

18:10~19:10
講師:古新 舜様
講演:「AI時代に必要な個々人の在り方と踏み出す勇気の大切さ 」
講演概要:急速にテクノロジーが発達していく現在ですが、いじめやひきこもり、虐待などの居た堪れない事件が後を絶ちません。これは、経済成長社会から成熟社会に至る過程で、個々の在り方や自己肯定感を見失ってきた結果だと考えます。令和の時代は、既存の通念に捉われず、個々人が納得解を生み出していく主体性と多様性が求められています。本講演では、主体性と多様性をテーマに活動している講師が、映画制作やアクティブ・ラーニング、そして分身ロボットを題材として、現代社会における「在り方」と「踏み出す勇気」の大切さをお届けします。
プロフィール:古新 舜(こにい しゅん/Shun Coney)プロフィール
【肩書き】映画監督・ストーリーコミュニケーター
【所属】コスモボックス株式会社代表取締役.一般社団法人分身ロボットコミュニケーション協会理事長.デジタルハリウッド大学 非常勤講師
【学歴】早稲田大学理工学部応用物理学科卒業 同大学院国際情報通信研究科修了(国際情報通信修士) デジタルハリウッド大学大学院デジタルコンテンツ研究科修了(DCM修士)

講師は、「Give Life to Your Story!―物語を動かそう!―」をテーマに、映画と教育の融合を通じて、大人と子どもの自己肯定感を共に引き出していく共育活動を行なっておられます。
学生時代に長年、いじめや引きこもりを経験。駿台予備校物理科講師を10年務めた後、映画監督となり、現在までにのべ40以上の映画祭にて受賞・ノミネートを果たされ、物理学、心理学、映画学、マーケティングなどを長年研究し、文系理系芸術の枠に縛られない創造的価値の発掘を活動の主眼とされておられます。
最新作となる長編映画「あまのがわ」は、不登校の女子高生が分身ロボッ“OriHime”と共に、屋久島・鹿児島を旅する物語。主演は、本作が映画初出演&初主演となり、第100期朝ドラ「なつぞら」で広瀬すず演じるなつの幼馴染・夕見子役で好演をした福地桃子。本作は、第31回東京国際映画祭「特別招待作品」として選定され、現在海外6つの映画祭でノミネート、ロサンゼルスJFFLAにて「最優秀脚本賞」を受賞。

19:10~19:30 諸事業活動および見学・スタディーツアの報告
・事業報告、アワード募集報告などアワード募集〆切結果報告
・見学・スタディーツアー活動報告
1) 10/3 元気ながさきの会
2) 10/11~14 スタディーツア 秋田・能代・十二湖・弘前の旅
3) その他
19:30~20:00
交流の時間

当会会員以外の方の定例会のご参加、大歓迎です。HP http://platina-guild.org/上の「定例会参加申込」から10月24日(木)までにお申し込みください。

会場:日本総研 東京本社〒141-0022
東京都品川区東五反田2丁目18番1号
大崎フォレストビルディング