「活動履歴」カテゴリーアーカイブ

2016年3月29日(火)第45回定例会を開催いたしました

日時 平成28年3月29日(火)  18時から20時
場所 日本総研 13階会議室
出席者 33名(内会員 21名)
初めての方 (順不同) 6名

1.講演 特定非営利活動法人エガリテ大手前代表 古久保俊嗣様
「NPO法人エガリテ大手前の活動について」
IMG_3913

2.講演 NPO法人市民後見人の会 元理事長 和久井良一様
(第3回プラチナ・ギルド アワード特別賞受賞者)
「成年後見制度、品川区でのNPO市民後見人の会の活動について」
IMG_3912

3.会員等から交流会、イベント等の案内
中町より
〇プラチナ・ギルドの会「飯館村スタディーツアー」
平成28年5月14日(土)~15日(日)

松延および丹波山村地域おこし協力隊の小村さんより
〇「小さな村gサミット2016」in丹波山村
平成28年5月19日(木)~22日(日)

松延より
〇公益社団法人難病の子どもとその家族へ夢を」の制作映画
「Given」の上映会(当会後援) 平成28年4月15日(金)

4.理事長からの報告
事務局スタッフの増強、事務局長補佐を任命
事務局でメールワイズの採用。担当の明確化のため
〇今後の当会の活動と主担当者について
1.アワード、2.アドボカシー、3.アカデミー(企業内シニア向けと
一般公募の2本立て)、4.シニアプロボノ
〇認定NPO移行に伴う寄付の増強(特に企業から)

2016年1月26日 第44回定例会合を開催しました

日時      平成28年1月26日 火曜日 18時から20時

場所      日本総研 13階会議室

出席者 33名

  1. プラチナ・ギルド アワードについて  森田理事から報告

・内閣府の後援が決定した

・座席数は50席用意

・2月18日開催  担当者は早めに集合し、15時から設営を開始する

・司会は岩嵜さんが担当

・担当分担:受賞者対応、設営、進行、動画インタビュー、誘導、受付、写真撮影

  1. プラチナ・ギルド アカデミーについて 川添さんから報告

・2/18のTHTPの説明

  1. シニアプロボノについて  阿部さんから報告

・サービスグラントとの連携モデル説明

・各種のスタイルを説明

  1. ボードマッチング(2月18日)について  中町事務局長から説明

・1月22日にあった関係者向け事前説明会の内容を報告

・会場の見取り図等提示

  1. 松延さんから自己紹介と「めびうすのWA」の紹介

・一貫してコミュニティ運営に関わってきたが、1980年代と現在の違いは隔絶の感

・最近はFBに代表されるSNS全盛時代

・特にFBのクローズド・グループが有効、かつ動画の活用が活発、効果的

・スマホでの動画の録り方も紹介があった

・NPO等のプロモーションビデオも簡単に用意できる

 

・シニア起業家、女性起業家支援のネットワーク、めびうすのWAの紹介(見事なホームページがあるので詳細は省略)

・奥山理事長がアドバイザーになったとのこと

・この後2件の事業紹介があった

(1)株式会社 スルシィ  関谷里美さんから紹介

ラフィアバッグをフィリピンの編み子が1本のかぎ針で編み、日本で売るモデル

DSC_0493-1

(2)株式会社 マイエッセ 小森恵子さんから紹介  越生町にて乗馬クラブを運営.   シングル女性がペットと乗馬倶楽部そばのコレクティブハウスで共同生活をする

事業モデル 越生町、サ高住会社、埼玉医大などと協働で推進中

DSC_0495-1

  1. プラチナ・ギルド アカデミー総括大会時のまとめセッションの様子をDVD放映(宮田さんから)
  1. アドボカシー事業について  奥山理事長から説明

・松延さんの協力を受けて、FBでアワード受賞者を打ち出していく活動を計画

・その他、中央FMでのインタビュー、FBの活用、動画の活用をしていく方針

  1. 名刺交換

・初参加者が多いので、30分ほど名詞交換、懇談の機会を用意した

DSC_0497-1

 

 

2015年12月22日 第43回定例会合を開催しました

日時 2015年12月22日(火曜日)18:00~20:00

場所 日本総合研究所13階  出席者 32名(内会員16名)

議題

18:00~18:15 新規参加者自己紹介

今回の例会には、4名の講師のほかに、アカデミー受講者やシニアプロボノ活動に興味をもつ人たちなど12名のオブザーバーを迎えることになったために、各人の簡単な自己紹介が行われた。

18:15~19:00 「シニアの心身健康のための美容活動」の実践報告と実技

NPO法人プラチナ美容塾 伊藤文子理事長から、法人設立の経緯、プラチナ美容塾の、①「美容」を学び、プラチナ世代を笑顔にする、②「美容」を活かして、社会に役立てる、③「美容」を通じて地域社会とつながる、という美容塾の理念とミッション、さらに美容塾が現在実践している、美容講座事業、美容ボランティア育成事業、美容ボランティアの派遣事業などについての講演が行われた。
引き続き、美容塾の河西副理事長、ほか2名の理事も加わり、例会参加者全員を対象とする「ハンドケアとネイルカラー」の実技指導が、行われた。

19:00~19:20 「アカデミー事業」および「アワード事業」の報告

アカデミー事業を担当する川添氏から、研修講座や現場研修などのプログラムが順調に進んでおり、いよいよ終盤の総括研修(1月16日)向かっていること、および2月18日のボードマッチの成功に向けての準備が行われていることの報告が行われた。
続いて、アワード事業を担当する森田氏から、11月15日で締め切られたアワード応募者数は14名であったこと、このなかから書類選考により8名に対象者を絞り、事業所の訪問やインタビュー調査を実施、1月末を目途に外部選考委員を交えた5~6名の第3回アワード受賞者選考を終える予定であること、が報告された。また、2月18日のアワード受賞式の準備体制についても報告された。

19:20~20:00  忘年会
年末恒例行事となった忘年会として、オーストラリア在住の会員から送られてきたワインを楽しみながら、会員、オブザーバー、講師を交えての歓談が行われた。

201512222

201512223

201512224

201512225

201512226

201512227