日本財団での プロボノONE DAYワークショップ

2014年09月27日に開催されたプロボノONE DAYワークショップに参加しました

プロボノONE DAYワークショップは、サービスグラントが新しく始めた企画で、5~6名のプロボノワーカーが、公益団体の抱える様々な経営課題を検討し、問題点の整理と今後の方策について提案を行うプロジェクトです。
9月23日には、5団体からの委託をうけた5つのプロジェクトチームが、各団体代表者と直接顔を合わせて、最後の半日ワークショップを開催しました。
この5つのプロジェクトのひとつが、一般社会福祉法人ラ・バルカグループが進めている、障害を抱える人たちをショコラティエ(チョコレート菓子職人)に育成し、高級チョコレート菓子の生産から販売までを行なおう、というプロジェクトでした。このプロジェクトでは、プラチナ・ギルドの会の阿部さんがチームリーダーを務め、また、中町、延原の2名もオブザーバーとして参加しました。