第二回プラチナギルドアオードについて

 

大型台風18号、19号が日本列島に連続で襲い掛かり、各地で被害をもたらしています。皆様のところでは被害が少ないことをお祈りします。自然現象とは言え、収穫の秋を目指して毎年恒例の招かざる客に悩まされるのは残念なことです。

さて、第二回プラチナギルドアオードの概要がHPで告示されました。その助成制度については、日本財団や、NPOシーズ・市民社会を守る制度をつくる会、NPOサービスグラントのHPでも徐々に広報される予定です。後援団体も昨年後援いただいた団体に加え、新しく本年から加わっていただいている団体も増加しています。顕彰候補者の募集期間は10/1-11/30です。また、第二回アオードの表彰式は来年3月17日(火)の午後13;30から、日比谷図書館のコンベンション・ホールで開催される予定です。

昨年同様、第一部では授賞式、受賞者スピーチが予定されており、今回は第二部で記念講演会、第三部ではパネル・ディスカッションと盛りだくさんの企画を検討中です。当会の目的は現役時代に培った経験やスキルを活用し、現在、社会で活躍するシニア人材を少しでも多く、社会に紹介し、認知頂くことにより、同世代や次の世代のシニアの道しるべとなっていただくことにあります。同時に、ビジネス・パーソンの各種の社会参画を阻む要因(ボトル・ネック)についても考えてみたいと思っています。

先ずは、一人でも多くの応募者に申請頂き、その活動を広く知らしめたいと考えています。第一回アオード同様、今回もどうぞよろしくお願い申し上げます。