バルト三国の独立と音楽の旅

2014年6月中旬ポーランド・バルト三国に出かけてきました。

旅のきっかけは数年に一度開催されるバルト三国における「歌と踊りの祭典」に参加してみたい、そしてもう一つ加藤登紀子の歌で有名な「百万本のバラ」の原曲がラトビアにあるしかも歌詞の内容が全く異なるものであるということを事前にある程度知っていましたのでその詳細を知りたいという二点でした。ポーランドのアウシュヴィッツを訪れて受けた衝撃、リトアニアの旧日本領事館におけるインテリジェンス・オフィサーとしての杉原千畝氏による「命のビザ」の話もありますが、ここではバルト三国の独立と音楽にかかわる件に特化してご報告いたします。

バルト三国の独立と音楽の旅

 

 

2015年2月24日第33回定例会報告

日時 2015年2月24日(火)火曜日 18:00~20:00

場所 日本総合研究所13F

参加人数 19名

1)「シニアの社会起業の支援について」
講師:柴田郁夫氏        志木サテライトオフィス 代表取締役社長

NPO法人東上まちづくりフォーラム理事長

1988年5月に、住友信託銀行、鹿島建設、富士ゼロックス、内田洋行、リクルート、住信基礎研究所の6社と共に日本初の本格的な職住近接オフィスを立ち上げ。

当時「サテライトオフィス」は各種メディアでも大きく取り上げられたが、93年以降は「コミュニティオフィス」としての役割が中心となっている。

2002年からは”まちおこし・まちづくり”を掲げた非営利活動法人(NPO法人東上まちづくりフォーラム)や企業OB層による「ビジネス助っ人隊」の活動などなど社会の動向にいち早く対応。

現在は職業訓練の場を提供、カルチャーセンター、幼児向けの英会話教室、中高年層向けの「大人の学習塾」、個別学習塾「桜塾」(主に小4~高校生対象)や預かり機能をもった学習塾「キッズステーション」(主に小1~小3生対象)などのほか脳活フィットネスパーク「認知症予防緩和カフェ」にも取り組む。そのアグレッシブな活動には敬服します。
2)丹波山村 関東一小さな村の再生を考える ツアーの件
4月3,4日のツアー紹介

JR青梅線 奥多摩駅集合その後専用バスにて各地訪問

参加者募集 別途案内

予算は宿泊込みで12,000円程度

 

3)3月17日プラチナ・ギルドアワード表彰式及びセミナーの件
当日事務局は11:30集合

メンバーは12:00集合

時間がタイトであり皆さんのご協力をお願いしたい。

 

4)Cloudソーシングについての報告

我々の分野以外でお願いしたいことをネット上に送ると、応じる個人・団体があるので今後活用の一つでもある。

会合のあと、柴田さんを囲んでの懇親会

柴田さんを囲んだ懇親会

山梨県丹波山村地域再生スタディーツアーと観桃の会

日時 2015年4月3日(金)~4日(土)一泊二日
集合場所:JR青梅線奥多摩駅11時
募集締め切り日:3月14日(土)

当会会員の米長晴信さんが精力的に活動されている山梨県丹波山村の地方再生に取り組みを現地に行って体験しようという企画です。
村の人たちや丹波山村で活躍されている地域おこし協力隊メンバーの方々を交え、過疎の村の再生と、当会が協力できることや実現可能な
プランを語り合う。また、翌日は桃の花が咲き誇る桃源郷で春を満喫。

参加を希望する会員は、会員間情報連絡より、期限までに回答をお願いします。