2015年4月28日 第35回定例会合を開催しました

日時 2015年4月28日(火曜日)

場所 日本総合研究所 13階

議題

1、18:00~19:00

第2回プラチナギルドアオード受賞者 日本フィリピンボランテイア協会会長 八木眞澄氏による講演 「子供たちに愛を、山にみどりを、命の尊さを」

(1)八木さんは元調布市勤務栄養士、日本フィリピンボランテイア協会(当協会)の2代目会長

(2)当協会は30年以上の活動歴をもつが、当初はフィリピン残留日系人支援を主におこなってきた

(3)その後、ミンダナオ島ダバオ地区で日系人のみならず、少数民族、山間地貧困集落の支援に活動範囲をひろげ、食育、教育支援を中心におこなっている.八木会長が私費を投じ、2005年に現地に幼稚園開設、2011年には小学校を開設している

(4)21世紀に入り、「日本―フィリピン相互補完活動の実践」をテーマに掲げる 日本からの一方的支援だけではなく、現地人材をいかした日本の介護事業への人材育成現地在住日本人シルバー世代への介護事業提供などを目指している

(5)今後は認定NPOをめざすが、単に外部寄付に頼っていてはダメで、今行っている事業から会の運営費の一部が賄えるような事業づくりを目指していきたい

IMG_2668

2.19:00~19:30

当協会会員川添能夫さんによる論文発表

明治大学大学院に提出した修士論文「老年力の展開可能性を考察する」~社会貢献への挑戦を~社会活動はしたいけど、生涯学習への強い願望はあるが、一歩踏み出せないシニアをいかに社会参加してもらうかについての論考

3、諸報告 19:30~20:00

(1)今後の日程等~勝俣事務局長

(2)丹波山村ツアー報告~米長会員

(3)グランドワーク笠間との交流ツアー、5月14~15日を予定~資料配布と参加の呼びかけ

(4)当協会メルマガ配信開始について~奥山理事長

(5)小山での活動報告~小野塚会員、拉致被害者蓮池さんによる講演会実施