第37回定例会合開催

日時:2015年6月30日 火曜日 18:00~20:00

場所: 日本総合研究所 13階

18:00~19:00

講演:関東でもっとも人口の少ない村、山梨県丹波山村の再生の夢を語る

講師:酒井隆幸氏

酒井氏は33歳。生まれは東京都の水瓶である奥多摩湖にそそぐ川沿いに民家が点在する山梨県北都留郡丹波山村。この村は、現在、人口600人余りという関東甲信地域で一番人口が少なく、昨年誕生した赤ちゃんはたった一人。そして、今春、中学校に進学した子どもが2人という限界集落。村の存続すら危ぶまれているなか、酒井氏は、村の再生のためにUターンし、3人のIターン組の地域おこし協力隊と村の活性に取り組んでおられます。その夢を熱く語っていただきます。

ご略歴

2004年 立正大学 経済学部経済学科卒

同年  群馬県水上町のネイチャー・ナビゲーターでラフティングガイド

2008年 丹波山村へ帰り合同会社 トラスト丹波山を設立

2009年 農事組合法人 丹波山倶楽部設立 以後、農業、観光業を中心に地域で活躍中

2015年4月26日 丹波山村村議会議員当選

19:00~20:00

来期の活動方針