7/27(火)第103回定例会はzoomオンラインで開催します

関心のある方はどなたでも参加できます。
事前参加申込は以下から 。
https://forms.gle/nozAyxN89uuPTgK97

プログラム
17:30~18:10
講演:「地域活動のICT利活用とDXを加速させるには?」
講師:山口良介様 NPO法人まちづくりエージェントSIDE BEACH CITY代表理事
概要:NPO法人として活動し始められたのは2017年12月。任意団体としてそれよりも以前から地域のICT利活用やオープンデータの活用などを実践。2020年にコロナによるDXの波がシニア層にも押し寄せました。現場で起きている課題、そしてそれを解決するにはどうすれば良いか?皆様の意見を聞きつつお話ししていただきます。
プロフィール
広告制作会社AOI Pro.のグループ会社取締役を経て2013年に独立。同年、スタートアップ事業や企業のWEBサイトのコンサルタントを業務とするホントノ株式会社を設立し代表取締役となられます。その実績を市民活動や地域活動に活かせないかと、NPO法人まちづくりエージェントSIDE BEACH CITY.代表理事に2017年より就任。現在、ご自身の経験を活かし地域活動をするNPOのメンバーと共に様々な課題解決に臨んでおられます。

18:10~18:20
新入会者のご紹介
 
18:20~18:50
アドボカシーコーナー登壇者 川添能夫さん 
能代市「市民おもしろ塾」事務局長
川添さんはさいたま市からご出身の能代市に活動の拠点を移しされ、2016年より「市民おもしろ塾」で、歴史、文化、医療、介護、産業、政治、IT,若者、ボランティア活動、笑い等の研修を実施し、市民の活性化、郷里の活性化を図っておられます。
さらに、歴史民俗資料館の早期建設の陳情やWIーFI設備の中央公民館設置などを立法や行政と交渉。また、地域おこし活動を企画や後援し、お金や人手のコーデネートも行っておられます。今年7月3日4日、市民おもしろ塾は第100回目を迎えられました!!

18:50~19:15定例会での「アドボカシーコーナー」を充実させるためのご提案とアンケートについて
PGメンバーが会の外でされている活動を共有することで会員同士の繋がりは一層深まっていきます。定例会のアドボカシーコーナーは皆さまの活動の発表の場にしていきます。(小山さん)

19:15~19:30 zoomのbreakout roomを利用し、スモールグループでの情報交換および交流