「遺贈寄附ウイーク2021」に協賛パートナーとして参加します

認定NPO法人プラチナ・ギルドの会はこの度、一般社団法人全国レガシーギフト協会が主催する日本で第二回目の「遺贈寄付ウイーク2021」のイベントに協賛・参加することと致しました。私たちはこれまで「寄付文化の醸成」が我が国における健全なNPO活動等、ソーシャルセクターの育成のために大切な社会課題であることを認識し、折に触れ提言して参りました。わが国における「遺贈寄付」は将に黎明期にあり、時間をかけて広く国民に啓蒙活動を広げてゆく必要があると考えたからです。

英国の関連団体はいち早く「遺贈寄付」(レガシーギフト)に着目し、毎年「レガシーギフト・ウイーク」イベントを開催、市民社会へその重要性を呼びかけてきました。すでにこのイベントは世界中で30ケ国以上の国が同時開催するまでに成長しています。日本では前述のように「全国レガシーギフト協会」主催の下、大手の受贈団体や弁護士などの士業が中心となり、「遺贈寄付ウイーク2020」が合同イベントとして昨年実施され、メディアなどにも取り上げられました。本年は9月13日からの一週間の間に集中的にフェイスブックなどのSNSを通じ情報発信される予定です。私たちも9月13日のデイライブに14:40~15:00枠で出演予定です。

私たちは今年6月で創立10周年、来年7月からは法人設立後10周年の節目を迎えるまだ歴史の新しいNPO法人です。「シニアが動く。日本が変わる。」を旗印に、ビジネスパーソンが中心となり活動を始めた中間支援型組織です。「社会で培った経験や知識」を社会に還元し恩返しする活動は、次世代の活動を支援すると同時に、私たちに「居場所と活躍の場」を提供しています。

NPOの主要な活動は社会で活躍するシニアを顕彰する「プラチナ・ギルド アワード」及び、「働きながら社会貢献する生き方」や「次の自分の生き方を考えるソーシャルキャリアの創り方」を学ぶ、「プラチナ・ギルド アカデミー」などです。

私たちの願いは健康である限り「支援を受けるのではなく、支援する側に」廻り、一人でも多くのビジネスパーソンが社会貢献活動を通じ「未来に負債ではなく、資産を残すこと」です。企業や組織内で学んだ経験や知識を活かし社会へ恩返しをすることにより、よりよい社会を作ることです。そして個人としても寄付文化醸成の重要性に鑑み、「自分が信じる、あるべき社会」のために活動している団体に、人生の集大成として「遺贈寄付」という自分の思いを実現する行動を行うことです。遺贈寄付はあなたの人生最後のボランティア活動です。