nakamachi のすべての投稿

2021年1月26日(火)第98回定例会を開催いたします

第98回定例会
開催日時: 2021年1月26日(火)17:30~19:30
オンライン開催:URL: https://meet.google.com/ziy-mjte-xhh
(無料)

プログラム
1)講演 17:30~18:20(質疑応答を含む)
講師:嵯峨 生馬氏 認定NPO法人サービスグラント 代表理事 プラチナ・ギルドの会顧問
講演テーマ:都の事業「東京ホームタウンプロジェクト」とは、そして、中間支援団体としてのサービスグラントの役割とは
講演概要: サービスグラントが関わっておられる東京ホームタウンプロジェクト。昨年まで当会もこのプロジェクトのひとつ、「年に一度の東京ホームタウン大学」で同時開催される地域活動交流見本市にブースを出展させていただき、アワード顕彰事業の表彰式をも行っておりました。今年はコロナ禍で開催形式がオンラインと大きくシフトしています。
新しい時代が形作られつつあるなかでの東京ホームタウンプロジェクトとは・サービスグラントが目指す中間支援団体の役割とは・また中間支援団体としての当会に期待するものは、などをお聴きします。
プロフィール
東京大学卒。日本総合研究所に入社。研究員として官公庁・民間企業とともにIT活用、決済事業、地域づくり・NPOなどに関する調査研究業務に従事。2001年に渋谷を拠点とする地域通貨「アースデイマネー」の運営を開始。2005年に日本総研を退職し、サービスグラントの活動を開始。2009年にNPO法人化し、代表理事に就任。著書に『地域通貨』(NHK生活人新書,2004年)、『プロボノ〜新しい社会貢献 新しい働き方〜』(勁草書房,2011年)など。

2)18:20~19:10講演(質疑応答含む)
講師:石川 智久氏 日本総合研究所調査部 マクロ経済研究センター所長(サステナビリティ・2025万博PTリーダー)
講演テーマ:「2025年大阪万博とコロナ後の世界経済情勢」
講演概要: 2025年に大阪・関西万博が開催されます。東京ではまだそれほど話題になっていませんが、実は大阪・関西では準備が着々と進んでいます。東京でもオリパラ後に関心の高まりが予想されるなか、先んじてその概要をお話ししたいと思います。また、新型コロナによって世界経済は激変していますが、2025年万博は「ポストコロナの世界」の実験場になると言われています。そこでポストコロナの世界経済についても解説いたします。
プロフィール
1997年 住友銀行入行。三井住友銀行経営企画部金融調査室次長などを経て2017年4月に日本総研関西経済研究センター長。2019年より現職。大阪府や兵庫県での各種有識者会議のメンバーを務めるほか、日経新聞十字路やヤフーニュース公式コメンテーター等のマスコミ登場も多数。ご著書「大阪の逆襲」(青春新書インテリジェンス、共著)、「大阪が日本を救う」(日経プレミアシリーズ)。

19:10~19:30 事業報告

2020年12月22日(火)第97回定例会を開催します

開催日時: 2020年12月22日(火)17:30~19:30
開催場所:日本総研13F会議室 オンライン参加も可能 (無料)(場合によってはオンラインのみで開催)

プログラム
コロナ感染下の今年の締めくくり定例会
17:30~18:20 講演
講師:薗部 英夫氏 日本障害者支援活動家 全国障害者問題研究会副委員長 日本障害者協議会副代表
演題:だれもが幸せにいきるために-障害者権利条約・北欧の視点で考えること
講演概要:心身の障害は誰にでも起こりますが 残念ながら日本では障害を持つ人を内包する社会成熟度が低く排除されがちです 今回は毎年福祉先進国の北欧にでかけ障害福祉について精力的に発表をされている氏の講演をお聴きします
プロフィール
金沢大学を卒業後全国障害者問題研究会職員1985年より同会全国事務局長2016年から同会副委員長 2001年より日本障害者協議会理事2015年から同会副代表
障害者の人権と発達を保障する活動の他障害者の立場から憲法第9条を守る活動を行っている 愛称は金ベエ
ご著書
『北欧=幸せのものさし―障害者権利条約のいきる町で』(全国障害者問題研究会出版部2015年)『北欧 考える旅―福祉・教育・障害者・人生』(全国障害者問題研究会出版部 2009年)『障害者と家族のためのインターネット入門』(共著)(全国障害者問題研究会出版部2001年)『パソコンボランティア』(共著)(日本評論社1997年)

18:20~事業報告のあと バーチャル年忘れ会
皆さまの近況をお聞きしたく講師をも交えオンラインでの参加者と会場を結びバーチャル年忘れ会をいたします 飲物は各自ご自由にご用意ください
(ささやかですがスナックは当会で用意します 持参された飲み物類は各自お持ち帰りください)

なお 新型コロナウイルス感染防止のため会議室入室は当面の間、当会会員のみとしております。オンラインビデオ会議でのご参加ご希望の場合、12月19日(金)までにHPの定例会参加申込から、氏名・メールアドレスをご記入の上お申し込みください。

会場:日本総研 東京本社〒141-0022
東京都品川区東五反田2丁目18番1号
大崎フォレストビルディング

年末企画オンライントーク  さわやか福祉財団堀田力会長をお迎えしています!

対談:共生社会を創りあげるーいま求められているNPOの役割 さわやか福祉財団堀田力会長×当会理事長奥山俊一

日時:2020年12月9日(水)17:00~18:00
主催:特定NPO法人プラチナ・ギルドの会
開催方法:Google Meetでのオンライン会議

参加申込:f_nakamachi@platina-guild.org 宛てのメールに、件名「12月9日のオンライントーク参加希望」と記載し、お名前、連絡先メールアドレス、できれば所属をご記入の上、送信してください。(無料)
なお、当日のオンライントークは、開始10分前から下記のURLからご自由にお入りできるようにしております。 https://meet.google.com/hkb-xdys-gcd
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
対談にあたって
COVID19は瞬く間に世界に広まり、かつてないほど人々の暮らし方・社会的関係・思考に影響を及ぼしています。COVID19 が私たちに突き付けたのは、地球に暮らす人たち全ての安全が確保されてはじめて私たちの今の暮らしが成り立つ、ことでした。誰かが何とかしてくれるのではなく、ひとり一人が暮らしを守る為に行動する必要があります。
今回オンライントークイベントにお招きしました堀田氏は、アクティブに動かないシニアたちに、「動かない・何もしない・・・は当人も不幸、社会も不幸」と行動を呼びかけられています。いまや、このメッセージは地域を越え・世代を超えてのエールでもあります。精力的に行動され、ボランティアの父的存在である堀田氏のトークにぜひご参加ください。

堀田力氏 プロフィール
弁護士・さわやか福祉財団会長
1934年京都府生まれ。京都大卒業後、1961年検事任官 1976年東京地検特捜部検事としてロッキード事件捜査を担当 91年に退官、弁護士登録。さわやか法律事務所及びさわやか福祉推進センター(2010年4月に公益財団法人化)開設
にっぽん子育て応援団団長、「高齢社会NGO連携協議会」共同代表、厚生労働省の高齢者介護研究会座長、日本プロサッカーリーグ裁定委員会委員長などを務める
近著に「初めて部下を持つあなたへ」(こう書房)、『「共助」のちから』(実務教育出版)「私たちが描く新地域支援事業の姿~地域で助け合いを広める鍵と方策」(共著 中央法規出版)など

プラチナ・ギルドの会
jimukyoku@platina-guild.org
・・・・・・・・・・・・・・・・・
認定NPO法人プラチナ・ギルドの会
HP: https://platina-guild.org/
https://sp.platina-guild.org/