「未分類」カテゴリーアーカイブ

2021年1月26日(火)第98回定例会を開催いたします

第98回定例会
開催日時: 2021年1月26日(火)17:30~19:30
オンライン開催:URL: https://meet.google.com/ziy-mjte-xhh
(無料)

プログラム
1)講演 17:30~18:20(質疑応答を含む)
講師:嵯峨 生馬氏 認定NPO法人サービスグラント 代表理事 プラチナ・ギルドの会顧問
講演テーマ:都の事業「東京ホームタウンプロジェクト」とは、そして、中間支援団体としてのサービスグラントの役割とは
講演概要: サービスグラントが関わっておられる東京ホームタウンプロジェクト。昨年まで当会もこのプロジェクトのひとつ、「年に一度の東京ホームタウン大学」で同時開催される地域活動交流見本市にブースを出展させていただき、アワード顕彰事業の表彰式をも行っておりました。今年はコロナ禍で開催形式がオンラインと大きくシフトしています。
新しい時代が形作られつつあるなかでの東京ホームタウンプロジェクトとは・サービスグラントが目指す中間支援団体の役割とは・また中間支援団体としての当会に期待するものは、などをお聴きします。
プロフィール
東京大学卒。日本総合研究所に入社。研究員として官公庁・民間企業とともにIT活用、決済事業、地域づくり・NPOなどに関する調査研究業務に従事。2001年に渋谷を拠点とする地域通貨「アースデイマネー」の運営を開始。2005年に日本総研を退職し、サービスグラントの活動を開始。2009年にNPO法人化し、代表理事に就任。著書に『地域通貨』(NHK生活人新書,2004年)、『プロボノ〜新しい社会貢献 新しい働き方〜』(勁草書房,2011年)など。

2)18:20~19:10講演(質疑応答含む)
講師:石川 智久氏 日本総合研究所調査部 マクロ経済研究センター所長(サステナビリティ・2025万博PTリーダー)
講演テーマ:「2025年大阪万博とコロナ後の世界経済情勢」
講演概要: 2025年に大阪・関西万博が開催されます。東京ではまだそれほど話題になっていませんが、実は大阪・関西では準備が着々と進んでいます。東京でもオリパラ後に関心の高まりが予想されるなか、先んじてその概要をお話ししたいと思います。また、新型コロナによって世界経済は激変していますが、2025年万博は「ポストコロナの世界」の実験場になると言われています。そこでポストコロナの世界経済についても解説いたします。
プロフィール
1997年 住友銀行入行。三井住友銀行経営企画部金融調査室次長などを経て2017年4月に日本総研関西経済研究センター長。2019年より現職。大阪府や兵庫県での各種有識者会議のメンバーを務めるほか、日経新聞十字路やヤフーニュース公式コメンテーター等のマスコミ登場も多数。ご著書「大阪の逆襲」(青春新書インテリジェンス、共著)、「大阪が日本を救う」(日経プレミアシリーズ)。

19:10~19:30 事業報告

2020年5月26日オンラインビデオ会議(第90回定例会)を開催いたします

開催日時:5月26日(火)18:00~20:00
会議: オンラインビデオ会議(Google Meet)

プログラム
18:00~18:30 新参加者の紹介(会員外の参加者を含む)
18:30~19:30 「コロナ感染の蔓延で変わりつつある医療・患者、そして生活者すべてに求められる行動変容」
話題提供者:
・株式会社AGREE 代表者/医師 伊藤俊一郎氏、
・同会社CMO 多賀世納氏
・瀬田診療所理事長/医師 大橋美奈子氏(当会会員)

 

 

 

概要:
感染症医療体制への対策が鈍く、治療最前線の医療現場の疲弊は深刻で、医療機関崩が壊寸前となっています。そのようななか、医療関係者の負担の軽減に貢献するため、いちはやく遠隔医療アプリを開発した一つに、つくば市の株式会社AGREEがあります。今回AGREEの代表者であり医師でもある伊藤俊一郎様とCMOの多賀世納様をお迎えし、当会の会員であ内科医として日々患者さんを診ておられる大橋美奈子様を交え、日本の医療の今と将来について論じていただきます。

当会会員以外の方のオンラインビデオ会議のご参加、大歓迎です。5月20日(水)までにHPの定例会参加申込から、氏名・メールアドレスをご記入の上お申し込みください。(なおビデオ会議ご参加のブラウザとしてgoogle chromeのダウンロードが必要です)

第87回定例会を開催します

開催日時: 2019年11月26日(火)17:30~20:00
開催場所:日本総研13F会議室
プログラム

17:30~18:00
はじめて参加された方・新会員の紹介

18:00~18:20 第8回「新フォーカス・オン ピープル」コーナー
登壇者 大橋美奈子様 医療法社団 瀬田診療所理事長 内科医
テーマ:「今一番考えていること〜困難な状況にいる子供たちについて」
【プロフィール】
都立戸山高校、東京慈恵会医科大学卒業。
東京都世田谷区生まれで、住んだことのある場所はカリフォルニア州ロサンゼルス、ペンシルバニア州ピッツバーグ、東京都
趣味はテニス、映画、ちょっと読書、ボーカル

18:20~18:40 遠隔医療の試み
登壇者:多賀 世納様 AGREEのCMO
テーマ:『”三方よし”を作るスマホの医師』について
医療相談アプリLEBER(リーバー)を茨城県のつくば市で開発する株式会社AGREE。スマホで24時間、場所を問わずに医師に相談ができる「ドクターシェアリングプラットフォーム」を提供しています。現在、医師不足自治体の子育て世帯に対してアプリを提供し、約80%の不安を軽減ができております。この「スマホのドクター」が今患者さん、医師、自治体に対して「三方よし」のサービスを作っております。どんな「三方よし」を作っているのかを当日はお話をいたします。
【経歴】
高校時代はアイルランドへ単身留学し5つの教科で年間最優秀生徒賞を受賞。筑波大学にて北アフリカの水資源関連研究に従事。その後、ベンチャー企業の立ち上げに従事した後、アフリカでのインフラ開発事業に従事。帰国前後で身内の体調不良やアフリカの医療事情に考えさせられヘルスケアの道に。ヘルスケアベンチャービジネスを2社経験後に株式会社AGREEにてCMOを務める。茨城県・内閣府が共同で行なっている実証事業の責任者などを担当している。

18:40~19::30 日本総研創発戦略センター新プロジェクトについて
講師 齊木 大様 日本総研創発戦略センターシニアスペシャリスト
テーマ:新プロジェクト-コネクティッド・シニアズ・プロジェクト(コンソーシアム)-について
【研究・専門分野】
・地域包括ケア、介護保険制度
・ケアマネジメント、在宅ケアにおける多職種協働
・ニーズに基づく新たな生活サービス(保険外サービス)の創出
【注力テーマ】
現在注力しているテーマは「時間とともに変わりゆく高齢者一人ひとりのニーズ」を出発点とするサービス創出・制度設計
【経歴】
2005年 京都大学工学研究科都市環境工学専攻修了
同年 ㈱日本総合研究所入社、現在に至る

19:30~20::00 諸事業活動および交流の時間

当会会員以外の方の定例会のご参加、大歓迎です。11月21日(木)までにHPの定例会参加申込にてお申し込みください。

会場:日本総研 東京本社〒141-0022
東京都品川区東五反田2丁目18番1号
大崎フォレストビルディング